町工場Q&A

Q0131 なぜ真空チャンバーの短納期対応が可能なのですか。

弊社は、真空チャンバーの製造に特化しており、真空チャンバーの製造に必要となる機械を一通り所有しており、工程設計、材料の割り出し、溶接前の機械加工のための製図、溶接方法の検討、溶接後の機械加工、シール面の形成、Heリークテストの実施、を内作で対応可能ですので、他社に一切相談せず進めることが可能です。また、JIS溶接士の資格をもち、真空製品の実績が豊富な職人が複数在籍しているため、人員を割きやすいです。状況によっては協力会社に協力を依頼します。

 

同等の規模のメーカーでは、溶接だけの対応に限定される、機械加工だけの対応に限定される、真空ものの実績がない、Heリークディテクターのリークテストができない、などの納期ネックを抱えることが比較的多いですが、弊社ではそのような点を解消することができます。

 

参考

キーワードで検索