町工場Q&A

Q0050 銅のTIG溶接はコストが高くつきませんか。

銅を溶接するためには、電子ビーム溶接、レーザー溶接、TIG溶接などの方法があり、それぞれ特徴があります。一般的には、電子ビーム溶接、レーザー溶接においては高価な機械が必要になりますので、マシンチャージが加工費に乗る場合が多く、ワークを固定するためのジグも製作に必須となります。また、電子ビーム溶接においては真空中の加工になることから、真空チャンバーのサイズの制約を受け、その費用がかかることになります。そのため、製作数量が少ない場合においては、ジグのコストが相対的にかさむ傾向にあります。TIG溶接においては、マシンチャージ、ジグ費用は比較的安価ですが、溶接歪が出やすい傾向があります。要求精度や用途などにもよりますが、弊社では、特に開発品・試作品・少量~中量量産品においては、TIG溶接によってコスト・納期・品質のバランスの取れた加工が可能と考えております。

 

キーワードで検索