営業事務 仕事の詳細

仕事の種類     詳細
受付 訪問者の取次対応。ペットボトルのお茶を出して頂きます。
電話対応 電話を取る。担当者への取次。協力会社との簡単な電話打合せ(納期の連絡を聞いたり、問い合わせへの回答等)
受注業務 お客さんからからの注文書を社内のデータに取り込む。お客さんからの納期回答のメールの代理送信。製造部門への指示図面の回付。納入製品の検収チェック。客先システムを使用したウェブ上の受発注業務(ウェブブラウザを使用した見積提出や書類の印刷など)。慣れてくると簡単な見積もり業務。
発注業務   製品の製造に使用する材料や資材、職人が使用する工具などを社内のシステムから注文書を出力してFAX。日用品の手配(アスクル、モノタロウなど)慣れてきたら協力会社へ指示するための簡単な図面を描いてもらいます。
納品業務 納品書の作成。運送会社への指示、運送用帳票の作成(ヤマト運輸の伝票などをパソコンにて)。
管理業務 図面などの書類の整理、紙からスキャンデータに起こす、データの整理等。
その他 簡単な検査書類の作成。年賀状の印刷、他の社員のお土産をみんなに配る。など。

※文系学部出身の新卒6年目の女性社員が現在実際に行っている業務のリストです。最初はできるところから始めます。(上記社員から引き継ぎを行ってもらいますが、12月より産育休に入るため、男性社員からの引き継ぎになります。)

基本的に営業スタッフのサポートがメインの業務となり、パソコン(特にエクセル、PDF)を使用した業務が多いです。

 

※少人数の会社のため、上記以外の細かな事務が発生することがあります。(お使いレベルです)

 

※おいおい簡単な図面を読めることが必要になってきますが(複雑なものを理解する必要はありません)、

最初はわからなくても必ずわかるようになります。丁寧に教えます。

 

※お客さんとの打合せ、クレーム処理、営業業務等はありません。(電話取次ぎ、メール、書類の代理送信はあります)

 

 

※手当はついていますが、実質的に残業はありません。営業事務の残業の実績は5年間で合計1時間以下(平均すると1日3秒以下)です。

 

※現場で職人と業務の話をすることも多く、現場にいくと服が汚れる可能性があるため、作業着を貸与しています。(会社負担)

 

もし、働いているうちに専門知識をつけたくなったら…。

製造 溶接管理技術者などの専門知識
経理 工業簿記等の経理の専門知識
労務 社会保険等の労務管理の専門知識

に挑戦してもらうことも可能です。(その時の状況にもよりますので現状では確約できません)