経営理念

経営理念:金属加工を通じて、頭と心と腕で、かかわるものすべての幸せと、より良い未来創造に貢献する

「頭と心と腕」とはなにか。

私達ステンレスジョイントができる一番得意なことはなにか。

 

それは金属加工というものづくりです。

 

ものづくりを通じて、世界に対してなにか良い影響を与え続けたいと考えております。

 

「頭」とは「思いつき・閃き・知恵・知識」

「心」とは「想い・情熱」

「腕」とは「技術・能力」

を表しています。

 

ものづくりに限らず、何をするにおいても、その結果を決めるのは、

 

「これだ!こうしたらどうだろうか、こんなものをつくろう、という柔軟で弾けるような思いつき・閃き・知恵・知識」と、

 

「思いついたことがどんなに困難であってもやりとげよう・それを求める人のところに届けようという熱い思い・情熱」と、

 

「実際にそれを実行・達成するために必要な、継続的な鍛錬により培われた技術・能力」です。

 

それぞれの掛け算によって、結果は大きく変わってきます。

 

どれだけ優れたアイデアであっても、それを実行する情熱がなければ前には進みません。

 

また、どれだけ熱い想いがあっても、それを達成する能力がなければ実現することはありません。

 

そして、どれだけ優れた技術であっても、それをどう利用するかがわからなければ、活用されることはありません。

 

 

「かかわるものすべて」とはなにか。

「かかわるものすべて」とは、私達がものづくりをする中で何らかの関わりあいのある対象すべてをさしています。

 

それは、ときにお客様であったり、社員自身であったり、いつも助けてくださる協力会社であったり、私達の事業を受け入れてくれる社会、私達が当たり前のように使用している空気や水や電気などの環境、そして一秒一秒影響を受け続けている私達の未来のことです。

 

その対象すべてに対して、わずかでも私達が関わることによってより良い方向に動いている、という状態にしたいと思います。

 

 

それが「よりよい未来創造」につながっていると信じております。

社是:いいものづくりをする

「いいものづくり」というのは、そのときどきや条件によって、常に異なります。

 

納期が十分にあり、予算に余裕がない場合に、不必要に急いでまで早く製品を仕上げることがいいものづくりでしょうか。

 

また、予算に余裕があり、1日でも早く納入が必要な製品を、品質を最重要視してじっくりと時間をかけることがいいものづくりでしょうか。

 

価格と納期だけをみても、その定義は変わってしまいます。

 

お客さんにとっていいものづくりとは、適正な価格で、適切な納期で、適当な品質で製品が納入されること。あるいは納入された製品により、お客さんの事業の付加価値を大きくすることで、利益の増大、商圏の拡大、商標価値の向上に貢献すること。

 

社員にとっていいものづくりとは、自分の仕事ぶりに見合った正当な対価を得ることと、仕事だけでなく私的な生活も豊かにするための適切な休日と、信頼できる人と一緒に働けるとともに継続的に能力を向上していける環境が整っていること。

 

協力会社にとっていいものづくりとは、無理のない価格、無理のない納期で継続的かつ友好的に取引が続いていくこと。

 

社会・環境にとっていいものづくりとは、より安全で衛生状態がよく公害の少ない製造行為を通じて、地域の財源や雇用を生み出していけること。

 

未来にとっていいものづくりとは、未来の人々が、弊社に限らず「町工場が好きである」、「町工場で働きたい」と思えるための、いち町工場であり続けること。これはステンレスジョイントが「過去」と「現在」に受けているご恩を、「未来」へお返しする、ということでもあります。

 

その全てそれぞれを100点満点で進めることは実際には不可能です。

 

しかし、それらをすべてひっくるめた状態で考えたときに、常に最高の状態で満たしていけるように、「いつ振り返ってみても、あのときのものづくりは最高の結果が出せた」と言えるように、従業員全員がよく考え、そのときその状態で実際にできうる最高のものづくりを行ってまいります。

合言葉:スーパーステンレスジョイント

 

昨日よりも今日、今日よりも明日、レベルアップしたステンレスジョイントでありたい。

 

それは、一秒毎に、一秒前のステンレスジョイントを超えていく、という意味です。

 

全員が常に自問自答して、それでいいのか、もっといい方法はないか、結果が最高になるよう分岐を選んでいきたい。

 

今日が100とすると15人が1ずつレベルアップすれば、明日には115になる。各々が0.1でも0.01でも上を目指していく組織でありたい。

 

9999ではできなかった仕事が、10000になった瞬間にできるようになるかもしれません。

 

困難なときも「しゃーないなー、ほなスーパーステンレスジョイントでがんばろか!」と声がけをしながら一歩一歩前へ進んでまいります。