2020/10/30 兵庫県立尼崎高等学校よりインターンシップを受け入れました。

2020年10月27日から10月29日の3日間にわたり、兵庫県立尼崎高等学校から計11名(男子7名、女子4名)、インターンシップ(就業体験)に来られました。

 

今年は2017年、2018年に続き、3回目の受け入れでした。

 

兵庫県立尼崎高等学校 インターンシップ
兵庫県立尼崎高等学校 インターンシップ

今年は、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、受入可能な組織が少なく、また受入が1日ずつとなったため、3日間入れ代わり立ち代わりで総勢11名の生徒さんが来られました。

 

兵庫県立尼崎高等学校 インターンシップ
兵庫県立尼崎高等学校 インターンシップ

また、今年は初めて女子生徒も来社され、弊社としても新しい体験でした。

 

兵庫県立尼崎高等学校 インターンシップ
兵庫県立尼崎高等学校 インターンシップ

 例年と異なり、実質半日程度の時間に限られるため、少ない時間でも実りのあるものにしようと、営業部と製造部から準備のため20代の若手社員を中心とした6名からなるインターンシップ実施チームを編成し、打合せを重ねまして、当日を迎えました。

 

兵庫県立尼崎高等学校 インターンシップ
兵庫県立尼崎高等学校 インターンシップ

 当日は第1部と第2部に分け、第1部は「全員にあいさつラリー」と称して、挨拶の大切さを皆さんにお伝えし、全社員のリストを持って挨拶をして回ってもらいました。

 

第2部は「ネームプレート作り」ということで、世界に一つのステンレス製のネームプレートの製作を通じて、ものづくり体験をしてもらいました。

 

兵庫県立尼崎高等学校 インターンシップ
兵庫県立尼崎高等学校 インターンシップ

ステンレスの加工があるため、加工が難しい部分は製造部の職人がお手伝いし、生徒さんには、刻印による打刻と、研磨布による表面を磨く作業を体験してもらいました。

 

兵庫県立尼崎高等学校 インターンシップ
兵庫県立尼崎高等学校 インターンシップ

 たくさんお話をさせてもらいましたが、皆さんそれぞれ個性があり、実際に製作されたネームプレートにも個性が出ていました。

 

どれもとてもよくできており、詳細をお見せできないのが残念ですが、個人情報保護のためネームプレートの写真の一部を加工しています。 

 

兵庫県立尼崎高等学校 インターンシップ
兵庫県立尼崎高等学校 インターンシップ

 弊社では、毎回生徒の皆さんにウェブサイトへの顔出しの可否をお聞きし、個人の考えに沿った形で写真の公開を行っております。

 

インターン中にも参加生徒の皆さんには書面と口頭で説明しましたが、もし後からでも写真の掲載に不都合があるようでしたら、弊社までご連絡ください。すぐに削除致します。

 

兵庫県立尼崎高等学校 インターンシップ
兵庫県立尼崎高等学校 インターンシップ

 

最後になりましたが、今回の体験は、これから体験される本当にたくさんの経験のうちの、小さな小さなただの一つの点でしかありません。

 

これが何かのきっかけになりましたら、これほど嬉しいことはありません。

また気が向いた時に土産話を持って是非遊びに来てください。

 

これからの活躍を心よりお祈りしております。

 

 

アンケートの回答

インターンの最後にアンケートに答えてもらいました。代表で4点肉筆のものを掲載していますが、代表のもの以外にも、下にあるような意見を頂きました。

 

本当にたくさんの意見を書いて頂きましたので、掲載致します。(すべて原文ママ)

 

今回は超短期インターンではありますが、今から高校生のインターンシップを受け入れる側の企業も是非参考にして頂けましたら幸いです。

 

兵庫県立尼崎高等学校 インターンシップ
兵庫県立尼崎高等学校 インターンシップ
兵庫県立尼崎高等学校 インターンシップ
兵庫県立尼崎高等学校 インターンシップ

これからインターンシップに参加する高校生に伝えたいことを教えてください。

・普段は体験することがないと思うので、時間を大切にする。

・インターンシップで学んだことを日常でも使ってほしいです。

・私の時はコロナもあって1日だけでしたが、コロナがおさまればよりよいインターンになると思うのでいろいろ吸収していってください。

・興味を持った場所に行けば楽しみながら、色んな事を学べます。

・職場の人の話を聞くととても勉強になります。

・あいさつをしっかりする。

・相手の話をしっかり聞く。

・意思表思をしっかりする。

・説明がとてもわかりやすくて、色々学べるし、事業所の方々は皆明るくておもしろい人がたくさんいて、とても話しやすいです!!

・元々、自分は物作りにあまり興味がなかったのですが、会社に行って体験してみると自分が想像していた工場のイメージとまったく違っていて、とても楽しい1日になりました。

インターンシップを実施する企業に対して、どのようなインターンシップであれば有意義か、インターンシップに期待することを教えてください。

・少し難しいと感じることでもあきらめずに精一杯がんばる。

・正直なおはなしが聞けるとよいです。それが1番聞きたいと思うので。

・仕事はどんな内容のものなのかリアルを実際に見せたら良いと思います。

・職場の人とコミュニケーションをとって、コミュニケーション力を上げる。

・話だけではなく実際に体験できるようにする。

・色々体験させてもらえるインターンシップ。

・例えばその会社の社長が高校生に話をする時に、自分の人生の成功ばかりを話すのではなく失敗した事や後悔した事なども話してほしいです。

今回のインターンシップの中で、ステンレスジョイントに対して気づいたこと。もっとこうした方がいいということがあれば、なんでもいいので教えてください。

・一つのものを造るのにたくさんの行程があり、とてもびっくりしました。

・インターンの時だけでも全員がネームプレートをつけているとよいと思いました。

・あいさつをさせていただいたとき働いてらっしゃる方のみなさんが愛想よく振る舞っていただけたのでとても話しやすかったです。

・代表取締役の平岡さんの話がとてもおもしろい。

・次、何を持参すればいいかを教えていただきたい。

・ステンレスの溶接をするのにとても工夫していて、すごい技術だなーと思いました!!

・職員の人たち、1人1人がていねいに説明していただいて、とても優しかったです。